物件探しは親身になって一緒に悩んでくれる担当さんを見つけましょう

引っ越しの際、一番時間がかかったのが物件探しです。

インターネットでいろいろな物件を検索して、ある程度候補を決め、そのウェブページをスマートフォンでブックマークして、不動産仲介業者さんに提示しました。

それ以外にもいくつか条件に合う物件を出していただき、気になったところを実際に見に行ったのですが、どこもイマイチ。

写真で見ると綺麗に見えたけど、実際に見ると結構雰囲気が暗いなぁ…とか、思ったより狭いなぁ…とか、原因はいろいろで。

何度か通って、でもやっぱりいい物件には巡り合えず、担当の方にも「これ以上見に行っても、どこもたいして変わらないですよ」と言われてしまいました。

そこで改めてインターネットでいろいろ検索し、今度は別の不動産仲介業者さんへ行きました。

担当さんは若い男性の方でしたが、とても明るく気さくで、好感が持てました。

前回の不動産と同じようにいくつか物件を出していただき、その日のうちに気になったところへ内見に。

そこの不動産が紹介してくださった物件は、3つ見に行ったのですが、どれも住んでみたいなと思える良物件で。

どこにしようかと悩んでしまう程でした。

が、家賃は一番高いものの、頭金が少ない、一番最後に見に行った物件に決めました。

この時に思ったのが、不動産仲介業者は何も同じところにずっと通う必要はないと言うことです。

業者によって、扱っている物件も様々です。

もちろん、スタッフさんも様々です。

自分に合った不動産仲介業者、担当さんを見つけることが、いい物件に巡り合うための近道だと思いました。

「あぁ、合わないな」と思ったら、迷わず別のところへ行ってみましょう。

対応も場所によってかなり違うので、物件探しも新鮮な気持ちになります。

これから住む新しい家なので、少しでも条件に合った、本当に「住みたい」と思える物件を見つけたいですよね。

引っ越しするにあたって、親身になって一緒に物件を探してくれる担当さんはとても大切な存在です。

以前引っ越しした時の担当さんは本当にいい方で、何かの確認事項でお電話をいただいたのですが、「もう住み始めてらっしゃるんですよね?何かご不便などはありませんか?」と一声かけてくださいました。

そういう小さな心遣いがとても嬉しく、もし次に引っ越すときもこの方にお願いしたい、と思えました。

契約時だけでなく、何かあった時や、解約時なども不動産にお世話になることがあるので、安心して任せられる、いい関係を築ける不動産に巡り合えると引っ越ししてからも安心ですね。